ひっそり(?!)暮らすUK大好き!!な私とサビ猫の、平平凡凡な日常を、好き勝手に書いてます。


by natsu-rock

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

タグ

(297)
(94)
(58)
(34)
(30)
(15)
(12)
(12)
(10)
(10)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

全体
犬・猫
food
UK & Ireland
daily life
外猫さん
音楽
introduction

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 07月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

画像一覧

あなたはおぼえていますか

唐突だが,小学校の頃私は国語の授業が好きだった。
小学校1年の一番最初に習った「あり」という物語・・・?詩・・・?懐かしいなぁ。。。
あり あり あり あり ありだらけ
さとうの かんに きた ありは さとうどろぼうに されました

他にもいろんなお話が記憶に残っている。
ちいさいしろい にわとりは みんなにむかっていいました。
このたね だれが まきますか。
ぶたは「いやだ」といいました。
いぬも「いやだ」といいました。
ねこも「いやだ」といいました。
ちいさいしろい にわとりは ひとりでたねを まきました。
・・・ホラホラ。あなたも,思い出したでしょ?

他にも『チックとタック』・・・夜中に時計から抜け出して,最後に人間の残したお寿司をつまみ食いするんじゃなかったかな? そして
「ホッ,ホッ,からい,口に火がついた」とか言いながら,時計の中に逃げ帰っていくんだったな,確か。

『あじさい』という詩もあったっけなぁ。
「6月のしなやかな手が作り上げた毬,あじさい」という最初の一行は,今も覚えている。

『さんしょう魚』,『走れメロス』,『木龍うるし』,『やなまし』などなど,挙げだしたらキリがない。

小学校時代の,私の大好きな物語ベスト3
3.黒馬物語
この物語が「Black Beauty」という映画と同じだったと知ったのは,相当大人になってからだ(笑)。
これは教科書ではなく,小学校の図書館で見つけたもの。のどかな牧場で生まれた,顔の中心に真っ白な星の入った一頭の馬の,数奇な(?)運命を書いたもの・・・なんでこの馬がこんなにつらい目に合わなきゃいけないんだろうと,中盤は怒りながら読んでたっけなぁ。
この本の貸し出しカードは,私の名前で埋め尽くされ,図書館の先生に「卒業の時にこの本あげるわ」とまで言われた(もらってない 笑)。

2.泣いた赤鬼
確か2年生か3年生か忘れたけれど,授業中にとても悲しい気持ちになった。
沢山の友達を作るのに一人の大好きな友達を失うなら,沢山の友達なんていらないと思った。
そして,終わり方が可哀想なままで,この後赤鬼は大丈夫なのか?と心配になった。

1.ごんぎつね
これも確か,3~4年生の時だったと思う。こんなに悲しい物語は初めてだった。
授業中,数人の女の子が泣き出して,男の子に「やー,コイツ泣いてるー」「コイツも泣いてんぞ」とからかわれていたが,私もその中のひとりだ(笑)。
このあっけない物語の終わり方が,余計どうしようもなく切ない気持ちにさせるのである。
ごんの優しさを知っているから,もぉごんが可哀想で可哀想で・・・。

Da Vinci Codeも良いけれど,たまには小学校時代に戻って,あの当時のお話を読んでみると
あの頃は気付かなかった沢山の事に,今更ながら気付かされるのに驚くだろう。
[PR]
by natsu-rock | 2006-05-23 17:51 | daily life