ひっそり(?!)暮らすUK大好き!!な私とサビ猫の、平平凡凡な日常を、好き勝手に書いてます。


by natsu-rock

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

タグ

(297)
(94)
(58)
(34)
(30)
(15)
(12)
(12)
(10)
(10)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

全体
犬・猫
food
UK & Ireland
daily life
外猫さん
音楽
introduction

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 07月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

画像一覧

キラキラのその後

夢ちゃん、寒そうな上にお疲れなご様子。

なぜかというと、今日は獣医さんへ行ったから。

f0091785_18103217.jpg




体重は、先月行った時とおなじ4.25kg。
看護師のお兄さんに、「よかったね増えてなくて」と言われた夢ちゃん。(笑)

f0091785_1812918.jpg


結晶の状態をエコーで見てみると・・・

先生:「オッッ! だいぶなくなってきたよ、ホラホラ」
私:「あぁ~、本当だ~♪」
先生:「場所によってはこうやってキラキラ見えるけどね、でも減ったねー」

夢ちゃん、誉めてもらえましたが、本猫は「やめてーー」とビビりまくり。

f0091785_18163483.jpg


エコーの為にお腹に塗ったジェルを、看護師のお姉さんが拭いてくれてるのに
夢ちゃんは後ろ足で看護師のお姉さんの手をケリケリ。
看護師さん、「イヤなのね~ゴメンネ~」と笑ってましたが・・・スミマセンいつも。

オシッコの回数も量も色も異常なしなので、今回は漢方薬ナシ。
療法食だけで行きましょう、との事でした。
次は、5月のワクチン時でいいよ、と言って下さいました。
とりあえず、順調です。

実は待合室で待っている時、1匹の11歳の猫ちゃんが
FIPと診断されていました。もう長くはないだろうと。
先生は、
「免疫力をあげるのに薬は使いたくありませんから。
あたたかい家庭でみんなに愛され、美味しいご飯を食べ、楽しく過ごすのが
一番の薬ですからね。
FIPは、早ければ6ヶ月くらいで発病するし、若い猫ほど進行が早いの。
この子は老猫だからね、進行は遅いはず。
この状態でこの年齢まで生きられて、幸せだと思いましょう。」
そんな話を飼い主さんにされていて・・・。
「本当にね、こういう診断を下すのは、いやだね、切なくて」
先生は最後に言いました。
耐えられなくなって待合室で泣いたのは、私でした(笑)。

f0091785_182746100.jpg


命の交差する場所。
あの猫ちゃんが、1ヶ月でも長く、生きていられます様に。

*   *   *   *   *   *   *   *


f0091785_183124100.jpg私は療法食をネット注文しています。
2kgが欲しかったんですけど、いつも売り切れで買えませんでした。
でも、先日やっと買えました~2kg!!

並べてみると、やっぱりデカイ・・・。
そして、私がいつも買っている5kgの無洗米より、高い・・・(TεT)

ちなみに、私がいつも療法食をお願いしているのは、楽天に出店している、
「だいふく堂 ひろせ動物病院」サン です。






キラキラと戦う夢ちゃんの為に
「ポチッ」と↓↓お願いします

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村
[PR]
by natsu-rock | 2010-03-28 19:00 | 犬・猫