ひっそり(?!)暮らすUK大好き!!な私とサビ猫の、平平凡凡な日常を、好き勝手に書いてます。


by natsu-rock

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

タグ

(297)
(94)
(58)
(34)
(30)
(15)
(12)
(12)
(10)
(10)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

全体
犬・猫
food
UK & Ireland
daily life
外猫さん
音楽
introduction

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 07月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

画像一覧

猫を忘れて

2010年も、あと6週間で終わりです。…早過ぎるわ。

f0091785_22464951.jpgこの前、同僚が本を貸してくれました。

映画でも公開された、吉田修一の「悪人」。

人気若手俳優が主役をやったせいか、本を読んでいてもその俳優の顔が思い浮かんでしまいました(笑)。

その俳優のファンじゃないんだよね~。そういう先入観が邪魔でした。




面白かったかと訊かれれば…好みの問題ですけどね。
犯人を必死で育てて来た祖母が可哀想で可哀想で…それが一番残っています。

f0091785_2257397.jpgその後、同僚がまた貸してくれたのが、東野圭吾の本です。
まずは、「さまよう刃」。これも映画化されてたようで。

「悪人」より面白かったけれど、晴れやかなラストではないです。
(だから良いのかも) 切ないというか、報われないというか。



f0091785_2302961.jpgそして今週また貸してもらったのが、同じ東野圭吾の「宿命」。
これは、良かった。面白かった。へー、こう繋がるんだ! あぁなるほどね!…と。

殺人が起きるんですけど、誰がどう殺したか、そこら辺は平凡です(個人的に)。
でも、そこにもひとひねりあって。え、違ったのか、へーこの人なの?みたいな。

一度最後まで読み終えて、また最初から読み始めると、違った視点で読めて
思わず涙腺が緩んだ場面が出てきたりしました。なんて切ないんだろう。

私は最近本を読んでいなかったので全然知らなかったのですが、
東野圭吾って人気のある作家さんなのですね。原作も何作か映画化・ドラマ化されてるんですね。

「宿命」を読んで、他の小説も読んでみたくなりました。


ところで、私は本を読み始めると一気に読んでしまう事が多いです。
面白い本だと、食事も後回しにしちゃうんですよね。

そうすると、やっぱりこの方も相手にされなくなるわけで(笑)
f0091785_23131026.jpg
「いつになったら遊んでくれるのやら」という顔ですね。

f0091785_23135351.jpg
読み終わったら遊んであげるから、といいつつ、いつ終わるのか不明なのね。

f0091785_23143548.jpg
そんなイヤな顔して私を見上げないで下さい(笑)

夜になって別の小説を読み出した私に
f0091785_23284166.jpg
とりあえず、無言で訴えかけているらしい(笑)。

f0091785_2330652.jpg別の小説とは、コレです。
ジャック・ケッチャムの「黒い夏」。サイコ・スリラーです。

救いようのない、サイテーな(私の主観ネ)若者が主人公。
これもグイグイ読んじゃいます。相当な殺され方です。
なんか、胃がムカつきます。

でも、合間合間に「猫」が出てくるんです(笑)。それがなんだか暗示的でもあり、
安らぎでもあり、ほんのちょっとの出番なのに存在感があるんですよ。
猫好きとしては嬉しいのが、途中までノラだったこの猫、ちゃんと飼い猫になるんです。

老眼になっても、やっぱり本は楽しい。夢さんを忘れちゃうほど楽しい♪
ま、私の場合、ミステリーとスリラー専門ですけどね(笑)
[PR]
by natsu-rock | 2010-11-20 23:44 | daily life