人気ブログランキング |


ひっそり(?!)暮らすUK大好き!!な私とサビ猫の、平平凡凡な日常を、好き勝手に書いてます。


by natsu-rock

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

タグ

(297)
(94)
(58)
(34)
(30)
(15)
(12)
(12)
(10)
(10)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

全体
犬・猫
food
UK & Ireland
daily life
外猫さん
音楽
introduction

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 07月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

画像一覧

混  沌

朝、薬を飲まそうとした。
苦い漢方薬は大の苦手のサビちゃん、今までにないほど嫌がり、泡を吹き、口から大量の
ヨダレを流し、その後また開口呼吸になり、とても苦しそうになった。

漢方薬じゃダメだ・・・漠然と思った。

f0091785_20241779.jpgここしばらく悩んでいた事を、叔母(12月に愛犬を亡くした)に相談してみた。

「獣医さんて、替えてもいいの?」


そして夕方から、別の獣医さんにサビちゃんを連れて行った。
(もちろん、行く前に大まかな料金を電話で確認。何しろピンキリだもんね 笑)

f0091785_20274028.jpg問診に長い時間をかける。
私も日記を持参していたので、詳しく話す事が出来た(…と思いたい)。
聴診器で胸の音を聞く。
その後、触診。
若い女医さんだが、てきぱきと動きながらも色々説明をくれ、適所で質問を投げかける。
体重は3.45kg。
減り続けている・・・。

「やはり胸部のレントゲンを撮りましょう。仰向けにせずに撮れますから安心して下さい」
女医さんにサビちゃんを預ける。レントゲン室に向かうサビちゃん。診察室に残る私。

何故かドキドキしたりはしなかった。ただ、さびしかった。

サビちゃんが戻ってきた。写真を見る準備の為、サビちゃんと二人、診察室でしばし待つ。

「お待たせしました、じゃ写真を見ましょうね」 と、PCの画面に電源を入れた。
サビちゃんの横向きのX線写真が写る。

先生の説明が始まる前に、近眼の私は異状を発見した。

「わかりますか? ココ・・・とココに、腫瘍が見えます」
空気の通り道と食べ物の通り道が合流した少し奥の辺りに、向き合うように見える塊。

「たぶん、癌だと思います」  ・・・・・ハイ。

その後沢山の説明を受ける。涙が流れた。
対処法は三つ。そのいずれもサビちゃんの身体にはリスクが伴う。そして、助かるとは限らない。
あくまで、延命措置。

一旦検討させて下さい。私は先生に言った。
その時は、何も考えられなかったから。考えたくなかったから。

「とりあえず、興奮させたりしないで安静にして下さい。暖かくしてあげて。
フードはペースト状よりもっと緩くスープのようにして与えてみて下さい。」


一旦待合室へ出た後、再度先生に呼ばれ、診察室へ。
「どの処置を選ぶにしても、大学病院で処置する方がいいと思います。
ある程度決心がついたら、またこちらへ来て頂ければ、ウチから病院へ連絡して
症状等を説明します。そうすればある程度の費用なども分かると思いますから」

先生にお礼を言い、病院を後にした。

頭の中は混沌としていた。誰が悪いわけでもない。私が一番いけないのよねぇ。
もっと症状が軽いうちにX線を撮っていれば・・・。
検診で血液検査等だけでなく、X線を撮っておけば・・・。

サビちゃん。サビちゃん。ごめんね。
f0091785_2131773.jpg

たいせつな、サビちゃん。
by natsu-rock | 2008-02-23 19:13 | 犬・猫